LIVE, THINK, FEEL in My Tokyo Life

東京都港区在住の某外資系企業で働くPRウーマンです。最近港区ではやってる事、海外もよくいくので面白い事全てお届け!

Baby Driver! (ベイビードライバー)

めっちゃ面白かった!個人的に大満足な映画でした。

BABY DRIVER

f:id:amblesmile:20171012114633j:plain

音楽、映像、キャスト、全てツボってなかなかないんだけど、これってまさに全部が最高!

何回も見たくなる作品でした。

 

主演のアンセル・エルゴートは、まだ23歳。

とっても可愛いヒロインのリリージェームズ、どこで見たんだっけと思ったら、”シンデレラ”の子なのね。

 

そしてサイドを固める、ケヴィン・スペイシーとジェイミーフォックスっていうアカデミー賞俳優でしょ。

 

そしてなんとなんとドラマ、マッドメンのジョンハムよ。

もうこのメンツで面白いとかちょっと事件!!w

 

映画を作ってくれた人に感謝したい。

レビューとか内容とかは適当にネットに載ってるから、

今回はメインであるサントラに注目。

 

音楽が超重要なキーなんだよね、この映画。

音楽でこっちのドキドキ感も全然違う!

こんなにノリノリになれる映画ってある?

Almost famous(あの頃ペニーレインと)とかもサントラ好きなんだけど、

今回はJAZZとFANKとROCKの組み合わせが最高!

エクスタシーさえ感じてしまうほどでした。

 

ちょっと以下、リストをアマゾンから拝借。

赤字が特にお気に入り♡

 1. Bellbottoms - Jon Spencer Blues Explosion
  2. Harlem Shuffle - Bob & Earl
  3. Egyptian Reggae - Jonathan Richman & The Modern Lovers
  4. Smokey Joe’s La La - Googie Rene
  5. Let’s Go Away For Awhile - The Beach Boys
  6. B - A
  7. Kashmere - Kashmere Stage Band
  8. Unsquare Dance - Dave Brubeck
  9. Neat Neat Neat - The Damned
  10. Easy (Single Version) - The Commodores
  11. Debora - T. Rex
  12. Debra - Beck
  13. Bongolia - Incredible Bongo Band
  14. Baby Let Me Take You (in My Arms) - The Detroit Emeralds
  15. Early In The Morning - Alexis Korner
 
 1. The Edge - David McCallum
  2. Nowhere To Run - Martha Reeves & The Vandellas
  3. Tequila - The Button Down Brass
  4. When Something Is Wrong With My Baby - Sam & Dave
  5. Every Little Bit Hurts - Brenda Holloway
  6. Intermission - Blur
  7. Hocus Pocus (Original Single Version) - Focus
  8. Radar Love (1973 Single Edit) - Golden Earring
  9. Never, Never Gone Give Ya Up - Barry White
  10. Know How - Young MC
  11. Brighton Rock - Queen
  12. Easy - Sky Ferreira
  13. Baby Driver - Simon & Garfunkel
  14. Was He Slow (Credit Roll Version) - Kid Koala
  15. Chase Me - Danger Mouse featuring Run The Jewels and Big Boi
 
 

 

これ聴きながら最近通勤そしてジムに行ってるw

活性エネルギーがとめどなく溢れてもう最高!

 

だって、BeckもTRexも入ってて、時代とか関係なく組み合わせが絶妙。

このDirectorのこだわりがとんでもなくセンス抜群なんだと、感動です。

ちなみに監督は、イギリス人の、エドガー・ライト

タンタンの冒険とかアントマンとかの脚本も彼らしい。

けど本作が一番のお気に入りだって。

そうだろうな。。w

 

そしてなんと記者会見で、言ったの、続編も作りたいって!!!

 

 

 

待ってます。待ちます。

 

 

 

ああ続編もあるなら最高だよ。

てかミックスアルバムとか出すべきなんじゃないかな。

 

 

カエルの楽園

なんだかここ最近あっという間に季節がすぎてしまって。。

大好きな夏も一瞬で終わったしとても悲しい

 

本のレビューをしてみる

さて、私地味に年間年間300冊くらいはジャンル問わず(漫画除く)読んでいるのですが、

せっかくなので、レビューを書いてみようかと思い、思うままにレビューを。

批判とかはしないので、お手柔らかに…

 

ずっと気になってた百田尚樹氏の”カエルの楽園”。

こんな読みやすい本だって知ってたらもっと早く読んでたかな。笑

 

 

はじめにこの本を知ったのは、twitterを開くたびにこの話題が出てたから。

百田氏のtwitterへもかなりメッセージがきたとか。

感想のリイートもすごくて、それで知ったんだよね。

だから最初、なんかすごいヘイト系なのかなとか思っちゃって、しばらく気にはなりつつほっておいたんだけど、

最近本屋に行ったら文庫になってたから、あ、いーじゃんみたいな感じで、手に取りました。

 

結論これ、驚いたのは、タイトル通りの内容だったってこと。

タイトルって何かの揶揄で、そのものを指すことって少ない気がしてたんだけど、まさにカエルが楽園を求める話。

 

f:id:amblesmile:20171004125325j:plain

(イメージ参照:http://chi-hagihara.tumblr.com/)

 

私みたいな20代ってなんとなくしかきっと国のこととか政治のこととかわからないから、興味があれば自分で調べるし、でなければ誰かに教えてもらうしかないのよね。

 

でも正直そんなのわかるわけなくて。

だから、この本は、そんな興味ない人にこそオススメ。

 

私みたいな人間でも危機感を持つことができたから。

 

 

露出させるためだけのPRなんて古くない?

 

f:id:amblesmile:20170728113821j:plain

毎日毎日暑くてやになっちゃうわね!

Ambleです。

さて今日の話題はPRについて

 

最近、某PR会社とデジタルクリエイティブエージェンシーバードマンが、

業務提携をしたというニュースをMarkeZineで読みました。

markezine.jp

PRとクリエイティブエージェンシーが合体したら、

露出目的だけじゃなくて、

付随するコンテンツとか

ハードの部分も作ることができて

とっても素敵!

一瞬そう思ったのですが、

事情は違ったらしい。。

どうやらあくまで露出させること、SNSに出していくことを

PR会社は主体としていた。

 

そういうことらしい。

(詳しくは記事とかLPとか見てみよう)

UI×UXのデザインが騒がれている昨今そんなこと言ってるなんて古すぎ!!!

と思ったのは当然のこと。

ベクトルグループが、コンテンツ制作やUXデザインを強化してる中で、

そんなの論点ズレてないかな。

 

私は、メディアに出すことではなくて、メディアが消費者が進んで使いたくなる

取り上げたくなるものを作ることが、今のPRだと思っているのだよ。

 

その中身が、イベントだろうと、ポスター制作だろうと、

動画、音楽だろうとなんでもいいけどさ

とにかく新しくて面白くて斬新で今までなかったもの

もしくはあったけど見落としていたものを作ること。

もうモノ売り、コト売りだけでは古いのだー!

 

そう思っています。

 

心の叫び。

昨今のギャラ飲み事情

最近とても便利なギャラ飲み機能を見つけたので、

ご紹介☻

 

これまでもギャラ飲みは

①女友達の紹介

②芸能関係者から仕事として

③港区おじさんからの依頼

という大体3つのカテゴリで行われて来てました。

 

 

特に港区界隈の中では、

女子を中心とした

ライングループなるものが

いくつか存在しています。

そこからのギャラ飲みや飲み会は

女同士の結束力もあって

まあまあいい飲み会ある。

f:id:amblesmile:20170722151926j:plain

                

でも、きっともっともっと

かわいい女の子、お金持ちのおじさんと

飲みたい!っていう声はたくさんあって

最近ギャラ飲み斡旋企業が増えてる。

 

PRパーソンとしてここは押さえておきたいところ。

 

さて、そんなサービスいくつかご紹介します!

 

まず

"スマート会食サービスLeopard "

https://www.facebook.com/leopard.today.girl/

 

ここはfacebook経由で顔審査ありの

ギャラ飲み紹介サイト。

マックス8000円のギャラとお安め。

 

 

次にPato

これは話題だから知ってる人も多いのかな?

https://pato.today/

 

時間指定や指名も自由にできて

かなり融通がきくギャラ飲みアプリ

 

どちらも審査は厳しいですが、

通ればお小遣い程度は余裕で稼げます❤︎

 

ちなみに筆者はどちらも通過して

日々美味しいものを食べに出かけております。笑

 

 

 

夏といえばモヒート


 f:id:amblesmile:20170722150327j:plain

夏になると毎日でも行きたくなる

ミッドタウンの

モヒートバー❤︎



ミントリーフ

03-5411-2444

東京都港区六本木4-4-4 メゾン六本木 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13132828/


としまえんのマリリンが可愛すぎる件

f:id:amblesmile:20170720102210j:plain

 なんていうか、センス抜群。

超かわいい

大好きこういうの!

 

 

FIND

f:id:amblesmile:20170622140050j:plain

 

いいなって思えるものに、人生の中で出会えるチャンスは果たして何回?

いろんな国で、新しい発見がある度にこの問いが浮かんでいました。

 

おそらく、これから先の人生出会いは五万とあるけれど、

その中で自分が好きだなとか、

いいなとかそういう感情を抱けるものは貴重だと思うのです。

 

メキシコのマルガリータ

ロンドンのカビ臭い古本屋さん

イタリアの香水屋さん

NYのハンバーガーショップ

広尾のカフェ

 

とかね。

 

身近にも遠くにもお気に入りのモノやコトはたくさんあって

でも普段の生活の中で絶対に見逃していて

やっぱりよかったなとかふと思い出そうとした時に、

鮮明な記憶も一緒に残っているものなんて、ほとんどないの。

 

記憶と残るものは

そこに一緒にいた人だとか

その時旅していた自分の状況とか

他の記憶も連鎖していて

それだけの記憶なんてなかなかないけれど。

 

でもだからこそ

普段の生活に+aになる

コトとかモノを見つけること。

そしてそれを誰かとシェアすること。

 

それが私の仕事になりました。

 

 

いつも心にsmileを。